初夏の花 フランネルフラワー

フランネルフラワー というそうです。サムエル・コッキング苑にたくさん咲いていて、最初エーデルワイス??と思ったのですが、こんな暑いところに咲いているわけないし、大きすぎますね。調べました。はじめて見る名前でした!
コメント:2

続きを読むread more

ミッフィーの 江の島旅行2

入場料500円の岩屋に来たわ。 この奥の穴は、富士山の鳴沢氷穴まで続いているとかいないとか。 第二岩屋の奥には、龍神様がいるのよ。ごーって吠えてたから、本物よ。キャー食べないでえ。
コメント:2

続きを読むread more

初夏の花 くちなし

梔子甘い香りで「咲いてるよ!」と主張してます。 香りで主張する花冬からどんな花があったかな🌺 蝋梅梅沈丁花ジャスミンそして梔子……次はなんだったかな?
コメント:2

続きを読むread more

さんげんの 音楽よもやま話3 メンコンその後

メンコン(メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲)をせっせと練習していますと前に書きました。 緊急事態宣言が解除になってバイオリン教室のレッスンが再開されてすぐに、私はレッスンを申し込みました。先生に聴いてもらうという目標が欲しかったのです。 課題の曲はしんどくてできなかったけどメンコンやったので聴いてください、伴奏も連れていきます、と…
コメント:1

続きを読むread more

さんげんの 昆虫よもやま話6 親子2代の虫バスターズ…??

Kが中学一年だったか、虫博士業をさりげなく引退しつつあったころの話です。 ある日の夕方、近所のIさん母娘がうちにやってきました。「K君いますか…?」道で会ったら挨拶する程度の仲、お嬢さんはKと違う学年でほとんど交流はありません。何事なのでしょうか。 応対したKは、「家にカマキリがいるから助けてくれって言われたから行ってくる」と言って…
コメント:2

続きを読むread more

初夏の花 ゼフィランサス

「初夏の花」と言い切って良いのかわからないけど、とりあえず今咲いてます。 別名「レインリリー」雨のあとなどに、とつぜんたくさん花開いてびっくりさせてくれます。球根を植えたら放ったらかしでもよく増えました。おすすめですよ😃
コメント:2

続きを読むread more

さんげんの 昆虫よもやま話5 食草よもやま話

「食草」というものがあります。 幼虫が食べる葉っぱです。蝶(成虫)が蜜を吸う花はまた別の話です。 食草は蝶の種類によって決まっています。こだわりの葉っぱです。動物でも、パンダは笹のみ、コアラはユーカリのみ、などの例がありますね。 親である蝶は食草に卵を産みます。食べ物の上に産んでもらうわけですね。これは便利です😃 いろいろな食草…
コメント:3

続きを読むread more

さんげんの 昆虫よもやま話4 アゲハチョウな日々

🍂登場人物 虫博士になった次男K影響されて虫博士見習い(?)になった長男S青虫と蝶への愛に目覚めた母(私) その後何年間か、アゲハチョウの飼育に夢中になりました。 試行錯誤しながらの青虫飼育。羽化して蝶が飛んでいったときの達成感はそれまでの苦労が吹き飛んで余りあるものでした。多くはナミアゲハ(普通の)で、クロアゲハやカラスアゲハな…
コメント:3

続きを読むread more

さんげんの 昆虫よもやま話3 ビギナーズラックの塊

虫博士(廃業済みだが)を誕生させた、初めての青虫飼育&羽化体験。 後から考えると、ビキナーズラックの塊。と言う他にないラッキー体験だったのです。 検証してみましょう。 「パックの空気穴から無理矢理モゾモゾと出てきました。」 ⬆後で勉強したことによると、青虫はデリケートで柔らかいので、持ってはいけません、移動させるときは葉っぱや木…
コメント:2

続きを読むread more

さんげんの 昆虫よもやま話2 最初の青虫

Kが幼稚園の頃だったと思いますが、ある6月(たぶん)、私は庭の夏みかんの木に青虫がいるのを見つけました。 のちに青虫愛に目覚める私ですがその当時は私にとって青虫はただの虫でした。 見つけても特に嬉しくはないけど、見つけたとたんに悲鳴をあげたり抹殺したりするほどのものではない、そんなものでした。 (たしか虫を育てるのは教育上たいへん…
コメント:2

続きを読むread more

さんげんの 昆虫よもやま話 健気な蜂の母さん

よくそのへんをのんびり飛んでいるアシナガバチ。 ズズメバチと同じく肉食ですがズズメバチほど凶悪ではなく、ミツバチよりは大きく、名前のとおりひょろりと長い脚を垂らして飛んでいます。 駐車場の屋根裏に巣を発見しました。蜂は一匹しかいなくて、せっせと巣穴の世話をしているように見えます。幼虫の世話をしているんだな、でも一匹だけ??と思い、詳…
コメント:2

続きを読むread more