テーマ:自然

ミッフィーの 秋の庭

枯葉ちる~🎵、恋人よ~、なんちって。 もう夏には戻らないでしょ。完全に秋になりました、といっていいでしょう。ミッフィーが見ている植木鉢は山椒の鉢で、実は小さな青虫が頑張って生きているの蛹になって冬をこせたら、いいなあ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミッフィーの 秋の雲とは

木の枝から秋の空を見上げて夏の間モコモコギューギューくっつきあってた雲は今では、片栗粉が足りませんでしたというのかバターと砂糖混ぜて卵を入れたら分離しちゃって混ざりませんでしたとでもいう具合空がスカスカしているそれが秋
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋の花 菊

一年中咲いているような気もするけど、秋の花のイメージが強いですね。たくさんの種類があるのでしょうが、私はまったくわからないので「菊」です。菊といえば、なんですか?私は、菊人形です。 二本松の菊人形展を見たことがあります。なんだかすごいです。 昔は都会でも菊人形を見られたようですね。ミステリーの世界では、ときどき死体が入ってたりします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花 猫じゃらし

すみません、花じゃなくて草ですね。エノコログサまたは 猫じゃらしうまい名前ですね。たいへん可愛い草です。群生地は、バッタ天国になります。ぴょん!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花 金木犀 その後

金木犀の王国は早送りで終わってこんな遺跡が残りましたこれも風と共に消えていきます 金木犀の木はまたひっそりとあんまり爽やかではない色つやの葉っぱを真冬も生やしたままで恥ずかしいのか何とも思ってないのかそれは謎ですがとにかく来年の出番まで存在感を消します そして秋の雲と秋の風がやって来ました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花 彼岸花

きれいだわ。お彼岸から二週間遅れて彼岸花が咲いたの。去年も二週間遅れだったね。50年後くらいには、「なんでヒガンバナっていうの?」「昔は、お彼岸の頃に咲いたんだよ」なんて会話が交わされるのかな。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミッフィーの 秋の日記帳

やっと金木犀が匂いはじめたきっと明日の朝になったら窓を開けたら町中の空気がすごいことになっているわ。金木犀の王国になるの待ってなさいよ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の花 さるすべり

夏の花、一つくらいは…。油断してたら9月になってしまいました。ごめんなさい。 猿も滑るというツルツルの幹が特徴です。フリフリした可愛い花ですね。漢字で書くと 百日紅難読漢字一個覚えましたね!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏の花 フランネルフラワー

フランネルフラワー というそうです。サムエル・コッキング苑にたくさん咲いていて、最初エーデルワイス??と思ったのですが、こんな暑いところに咲いているわけないし、大きすぎますね。調べました。はじめて見る名前でした!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏の花 くちなし

梔子甘い香りで「咲いてるよ!」と主張してます。 香りで主張する花冬からどんな花があったかな🌺 蝋梅梅沈丁花ジャスミンそして梔子……次はなんだったかな?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏の花 ゼフィランサス

「初夏の花」と言い切って良いのかわからないけど、とりあえず今咲いてます。 別名「レインリリー」雨のあとなどに、とつぜんたくさん花開いてびっくりさせてくれます。球根を植えたら放ったらかしでもよく増えました。おすすめですよ😃
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏の花 ビヨウヤナギ

美容柳昨日紹介した金糸梅とよく似ています。 梅が巨大化して黄色くなったのが金糸梅グラスファイバーアートみたいなおしべがキラキラしているのが美容柳ですね🌼
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初夏の花 ラベンダー

もう、「初夏の花」なんですね。ラベンダーといえば北海道のイメージですが、けっこうそのへんのお庭に咲いています。この写真には小さいですがミツバチが映っていますよ🐝
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の花 野ばら

野ばら(たぶん) 子供が見て飽きずに眺めてたり、エチュードになったり、お池のまわりに咲いて蜂がぶんぶん飛んだり。詩人の空想を誘う、メルヘンな野の花です
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春の花 ピラカンサ

ピラカンサ(多分…) 花びら5枚の梅型の白い小さい花がわしゃわしゃと銀河のような、絨毯のような、雪のような見事さでした。 調べてもなかなか名前がわからず、ようやくこれかなと思えたのがピラカンサです。秋に赤い実がびっしり実るのが有名なので、図鑑などの写真は赤い実の時のものが多いのでは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春の花 おだまき

おだまき下を向く花って奥ゆかしいですね(*´-`) 下の方に咲いている小さいのは、「いもかたばみ」です。(これの黄色いのが普通の「かたばみ」です)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春の花 はるじょおん

野の花です。さりげなくて可憐です。「はるじょおん」と子供の頃から言っていましたが正式名称を知らないかも…と思い調べました。 「春女苑」はるじょおん「春紫苑」はるじおん どちらでもいいそうです。いかにも日本の草花といった風情ですが、実はアメリカからの帰化植物だそうです。👀
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の花 ジャーマンアイリス

宝石のような舶来の花これはカタカナが似合う花ですよ。横浜に西洋の貴婦人が現れた!みたいな華やかさです。 写真は黄色系ですが、いろいろな色があります。どれも、つややかな色合いは宝石のよう。グラデーションの優雅さは水彩画のようです。 さんげんは庭に植えたくて球根を買おうとしたことがあるのですが、一球1500円くらいするのであきらめました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の花 藤

奥ゆかしくも華やかな日本の花ちろちろと揺れる簪のような。葡萄のような。雨のような。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春の花 木香薔薇

野ばらみたいな、つるの植物です。ひどい説明ですみません。 木香薔薇 「躑躅」とはちがい、美しく格調高い漢字ですね😊 お庭に山盛りに育っている木香薔薇を、この季節のお散歩中によく見かけることと思います。木香薔薇の特徴としては、なんだか、いい人です。手入れしなくてもスクスクと育って、毎年たくさん咲いてくれます。ありがとうと言いたいです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の花 つつじ

赤系が定番ですが、白のつつじのまぶしさと華やかさには見るたびに目をうばわれます。 漢字は「躑躅」花に合わない、ごつい字です。どうして「足」なんだろう…?調べてみたら、意外な由来がありました興味のある方は検索してみて下さい😃 仮名の「つつじ」もよく見ると不思議な音感の組合せです。 公園のつつじの花をもいで蜜をチューチュー吸いましたね…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春の花 こでまり

小手毬が満開間近です。フワフワ感、ボテボテ感共に春の花No.1と言っても良いでしょう。ミッフィー感も80%といったところでしょうか。 植物や虫の名前は学問的にはカタカナを使うのが正解だそうですが、ひらがなや漢字で書く方が断然、美しいですね。花の姿かたちも目に浮かびます。 コデマリ小手毬 スズラン鈴蘭
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more